SDGs(エス・ディー・ジーズ) お知らせ

ウクライナ緊急支援、リユースショップ「リシンク」で得た売り上げを寄付いたします。

ココピア倉敷支店リユースショップのご案内です。

ウクライナとロシアの状況は今、刻一刻と変化しており、不明瞭なことも多い状況です。

しかし、ウクライナにいる人々が今、援助を必要としているということは間違いなく日本にいる私たち個人、
そして企業にできることは一体なにかを考え行動することにしました。

駐車場がその日はありませんのでご注意ください。


もしくは、来る前に電話か、事前に私にメッセンジャーでいいので連絡ください。ご対応します。
今回の売上の一部はウクライナの人たちへの緊急支援として寄付することとしました。
(寄付先は、国境なき医師団、他、未定)決定次第報告いたします。


お洋服の廃棄問題の解決のためにもぜひご協力をお願い致します。


ココピアリユースショップ「リシンク」
毎月第一土曜日
13時~17時
倉敷市宮前380-55
今回は、3月5日(土)

リシンクでは整理の現場で廃棄になる美品~新品のお洋服を必要な方に販売をさせて頂いています。
家庭や事業所などから出るゴミの内訳を見てみると、地域の集団回収として回収される布類72.31ktのうち63.2%が衣類です。


そうした衣類の約70%は燃えるゴミ・燃えないゴミとして処分されており、全体の半分以上
が焼却処分されています。リユース・リサイクル率は20%以下
衣類のリユース・リサイクル率は20%以下という水準です。


古紙やビン・カン、ペットボトルはリサイクル率が50%を超えることを考えると、残念ながら衣類のリサイクル率はとても低いのです。

海外でのリユースや処分も日本で廃棄された衣類は、マレーシア・韓国・ベトナム・フィリピンなどのアジア諸国を始めとする海外でリユースされることも。

彼らは日本人と体格が近く、日本の衣類は質もデザインも良いのでリユース品の中でも好評です。

ただし東南アジアなどの温暖な気候の地域では、冬物の行き場がないという現状も。また、

リユース目的で輸出されても需要がなければ廃棄物処分となる場合もあります。


事実、東南アジア圏の主な処理方法である埋立処理によって日本の衣類が処分されることも少なくありません。
一軒家で回収するお洋服の量は本当に、多いのです。


使用したお洋服はほとんどが、廃棄になるのが現実です。
リサイクルとして回収されても、海外でもくたびれた服や、使用済みの服は誰も買いませんし、使用しません。


そしてその先でどうなるか? このことをしっかり考えねばなりません。
そこで「リシンク」プロジェクトの活動を開始しました。
対象のお洋服としては未使用服、もしくは、ほぼ新品に近いぐらいの状態の服のリユース販売をしております。

年代は、40代50代以上の方が着ておらるような服が対象です。バブル期以降の頃のお洋服が多いですが、品質
がよくとても保存状態も良いので、時代に左右されず着れるモノが多いのも特徴です。
若い方が、リメイクしたりそのまま着てもOKなお洋服も多いですよ!


金額は、100円~1000円以内です

 
今後も活動を行っていきますので、良かったら来てくださいね!