終活で生前整理を行う方にとって資産の整理は非常に大きな項目ではないでしょうか?

生前整理では主にご自身の大量の家財、荷物を整理しますが、整理すべき資産に関してお話しします。

生前分与という言葉をご存知でしょうか?生前分与とはお持ちの資産を配偶者、子供などに生前に分けておくこといいます。遺産相続として分け与えるのと比べ相続税を減らす、という目的のもと行われます。

ここで注意すべき点は贈与するという行為には基本的に贈与税がかかってきます。その対策として、年110万円以下の贈与税適用外の金額ずつお渡しすべきであるということです。

また、最初に毎年贈与するという約束をしてしまった場合でも課税対象になりますので、毎年契約書を作り直す、通帳に明記しておく、といったことが必要になります。

仮に贈与額が年110万円以上になることが分かっている場合は相続税としてのお渡しの方が税率は低くなりますので、どちらに当てはまるのかをご確認の上、対策を行ってください。

このように、生前整理において、ある程度の節税対策を行っておくことも、のこされたご家族へ出来ることではないでしょうか。生前整理を行われる場合はこういったようにご自身の財産の整理もお考えになってみてください。