身内の方がなくなった場合には、ご遺品整理をするのが一般的ですが、生きている間に整理を始めることもあるものです。

それが、生前整理と呼ばれるもので、ある程度きちんと片付けを行っておけば、のこされた家族がご遺品整理の際に困ることがなくなるので、負担が軽くなります。

また、生前整理は、生きることを前提に物・情報・生き方の整理を行うことでもあります。
つまり、人生の終わりを意識するネガティブなものではなく、これからの人生をどう生きていくかというポジティブな行為でもあります。

生前整理を行うことによって、ご自身の身辺整理と同時に今までの思いでを振り返ることもできるのではないでしょうか。
また、家族と一緒に行うことで、自身の遺志を引き継ぐきっかけになるかもしれません。

生前整理の一環として、エンディングノートというものも増えています。
このエンディングノートには、ご自身の葬式や形見分け、遺産相続などの意思を表示しておくことができます。
このノートをご遺族
が見つけられて、ご遺品整理が楽になったという事例もあります。

ぜひ一度、生前整理をしてみてはいかがでしょうか。