言うまでもなく、ご遺品はのされたご遺族にとって特別なものであり、何ものにも代えがたい大切な品ばかりです。

しかし、高齢者の増加により、遺品整理も行う業者が増加し、その特別なご遺品に対して心ない取り扱いをする悪質な業者も一部存在するようです。

実際にあった事例としまして、亡くなられた奥様のご遺品に対し、供養してもらうよう依頼したところ、そのご遺品の扱いがいい加減で結局どのようになったのか判明せず非常に残念な気持ちになった、ということがあったようです。

また、回収してもらったご遺品が実は不法投棄されていた、そもそも遺品整理のノウハウがなくご遺品の取り扱い方が分かっていない、という事例もこういった業者によくあるようです。

私たち遺品整理を専門で取り扱う業者にとっては、非常に心苦しく、出来るならこういった出来事が起きないように願いたいものですが、横行する悪質な業者によるこのような事例が後を絶ちません。

故人の、のこした思い出のある品を粗末に扱うのは言語道断ですが、ご自身でもそういった業者を選んでしまわないよう、複数の専門業者をご確認し、見比べてみるなど、十分にご注意ください。