散骨はお墓ではなく海や山に遺骨を撒くという埋葬方法で、近年散骨を選択する人が増えてきています。
大好きだった海や山に還りたいという理由で散骨を選ばれることもありますが、お墓はお金がかかるという理由で、生前に散骨をご家族に依頼することがあるそうです。

特に都市部ではお墓は郊外にあることも多いので費用だけではなくお墓参りにも時間がかかってしまうため、その必要がない散骨を選んだ方がのこされた家族への普段がないのではないかという考えもあるようです。

しかし散骨も正式に行うと意外に手続きが大変です。
また、お墓がないということは心のよりどころがないともいうことが出来ます。

日本人は昔から季節の折々や新たな人生のスタートの時など、お墓参りをして先祖を敬ったり、報告をするということを当たり前のように行ってきています。
お墓がないということはそれらが出来なくなってしまうということになってしまいます。

確かにお墓を建てるよりも散骨の方が費用は安くなりますが、お金よりも、のこされるご家族の気持ちはどうなのか、冷静に話し合ってみる必要がありそうです。