故人のご遺骨を加工して肌身離さず持ち歩いているという人がいるのはご存知でしょうか?
近頃は高齢化が進んでいることもあり、終活がさかんに行われていて、ご自身の遺骨の葬り方についても、ただお墓に納骨するものだという考え方を見直す人も少なくありません。

お墓を建てるためには、墓地の区画を確保する必要がありますが、公営の墓地はほとんど埋まっていて、遠くて高い場所にある墓地の区画を購入せざるを得ないというのが現状です。

また、そのお墓を管理していくためには、長男が定期的にお墓参りをする必要がありますが、少子化で管理していく人がいないことも珍しいことではなくなってきています。

そのため、お墓を建てる選択肢を選ばず、一部を海に散骨し、残りの遺骨を故人を忘れないように指輪・ペンダントなどに加工して身に着ける人もいます。

世界にたった一つのアクセサリーを故人との思い出としてのこすという選択をする人は少なくないのです。

遠く離れたお墓に納骨するよりも、肌身離さず身に付けていることで、故人をいつも身近に感じることができるようになります。