遺影とは、祭壇などに飾られる故人の写真のことをいいます。
いつでも故人の顔を見れるように家族が用意するのが一般的でしたが近年では、終活の1つとして、生前遺影が密かに流行しています。

近年では、死を迎えるにあたってご自身の思いや希望などをご家族などに確実に伝えるためのエンディングノートなどで、ご自身の死と向き合うという風潮が強くなっており、ご自身で遺影写真を用意するのもその一部として行う人が多くなってきています。

家族や友人に見せる顔は、いつでも笑っていたいという気持ちのもと、毎年誕生日などに1枚ずつ撮られる方もいるのが現状です。

ご自身の遺影写真を用意するというのが辛い人もいますが、それこそが死と向き合うことともいえます。

遺影写真の作り方としては、葬儀社や専門の写真店などに依頼することが一般的です。
スナップ写真などを持ち込んだり、デジタルデータとしてメールで依頼することもできるようになっています。

写真はなるべく5年前程度のものが一般的で、ピントが合っている綺麗な写真を用意します。

また、遺影写真を専門にしていたり、積極的に請け負っている専門業/者を利用するのもオススメです。