ご遺品整理を始めようとしても、どこから手を付けていいか悩んでしまう事も多いでしょう。
亡き人の思い出が詰まったものも多く出てくるので、そのたびに作業が止まってしまいがちです。
なかなか進められないという事もあるでしょう。

そのような場合は片付けやすいものから手を付けていきましょう。

一般的なゴミをまず初めに処分していきます。

明らかにゴミとわかるものなら処分しやすいですし、そういったものが無くなればその後の片付けも進みやすくなります。

一般的なゴミが終わったら、残った日用品で使わないもの、未使用でもすぐに手に入るなど価値がないものはゴミとして処分してしまいましょう。

まだ使えるものでも、亡くなった人のものを使うのは抵抗も生まれやすく、結果的に使えないことも多いからです。

そうしていくうちに思い出の強いものが残るはずです。
その中から形見分けするものを取り出しましょう。

結果、思い出があるけれど引き継ぐまではいかないものが残ります。

思い出の品はのこしておきたいものですが、取っておくスペースには限りがあります。
本当に引き継ぎたいと考える大切なものだけ取っておいて、後は処分していきましょう。