断捨離ブームもあって、不要なものを減らしてすっきりとした部屋で暮らす人が増えてきました。
一方で、身軽な生活に憧れていても、どうやって物を減らせばいいのかわからない人も多くいます。
物を減らしたいけれど方法がわからない、という人はまずものを要るものと要らないものに分けることから始めましょう。

この選別が出来ないと、不要なものをいつまでも溜め込むことになります。
優柔不断な人でも、要るのか要らないのかの二択ならばシンプルに判断を下すことができ片付けも捗ります。

またその場ですぐ判断ができず、捨てるかどうか迷う物は一旦保留しのこしておきましょう。
この選別と処分の作業は何回かに分けて行うのがコツです。
一度は要ると思ってもやっぱり使わないし要らない、と気持ちが変化することが多いですし、判断を保留した物も数日置いて、改めて見直してみると、冷静に処分の決断ができるようになります。

物が少ない部屋で暮らすと、掃除や片づけが楽になるだけでなく精神的なストレスも軽減されます。
不要なものはこまめに処分して物を溜め込まない習慣をつけることが大切です。