デジタルご遺/品とは、ご故人のパソコンやスマートフォンにのこされたデータのことでしたが、実際に相続する際にはどのような問題が発生するのでしょうか。

今回はオンラインバンキング等の普及による相続の問題について取り上げます。
オンラインバンキング等が普及したことにより証券や通帳を持たずに口座を作ったり、資産運用できたりするようになりましたが、ご本人が亡くなってしまった場合、のこされた家族はどのような口座があり、パスワードが何なのかわからないという場合があります。
そのため、ご故人がどれほどの資産をのこされていたか不透明となり、正確な相続ができない場合があります。

また、後から資産が見つかった場合、相続のトラブルが発生する場合がありますし、逆にFX等に絡んだ借金が見つかるケースもあります。

日頃から、家族には互いに隠さず、どのような口座や資産を持っているか確認しておくのがよいかもしれませんね。
また、万が一の場合に備えて、もしものときのオンラインバンキング等の口座処理の手続きなどの確認をしておくとよいでしょう。