遺品整理情報ブログ

親族や知人の突然の訃報で、困ってしまうのが子どもの喪服ですよね。

葬式やお通夜などは、一年に何回もあるわけではありませんので、いざ着用する時にはサイズが合っていなかったりしてしまいます。

すぐに喪服を用意するのが難しいという方も多いでしょう。

そこで、簡単な子どもの喪服のマナーについてご紹介します。

小学生以下の小さいお子さんの場合は、黒系の服装で、リボンなどがついていなければなんでも良いです。

小さいお子さんの服装にうるさく言う方はあまりいませんので、さほど難しく考えなくても大丈夫でしょう。

中学生から高校生は黒ベースの制服であれば、制服を着用してもよい、ネクタイなどに明るい色があれば、ネクタイは外すべきです。

しかし近年、女子の制服で、チェックのスカートやカジュアルなものが多いですが、そのような場合は喪服を用意するべきです。

ブレザータイプなら、スカートだけ別の黒系のものに変えて着用しても良いでしょう。

全体的に落ち着いた、喪に服す気持ちを表した服装であれば良いとされています。

足元もなるべく、黒や茶系のローファーやスニーカーを選ぶことをお勧めします。