相続をするときに気になるのが、相続時に発生する「相続税」

相続する人すべてに課税される、と思われがちですが、実はそうではありません。

では、相続税が課税されるにはどのような条件があるのでしょうか。

相続税が課税されるかされないかは、遺産の評価額によって異なります。

また、財産が何であるかによってもそれは変わってきます。

相続税がかかる財産は、主に動産や不動産、債権、現金、預貯金、有権証券などです。

国税庁のホームページに詳細が掲載されているので、確認することをおすすめします。

また、相続税がいくらになるかは、ご自身で計算することが可能です。

その計算方法は「相続税の課税価格」-相続税の基礎控除になります。

難しいと敬遠しがちですが、理解すればそう難しくはないので安心してください。

ときに相続は揉め事の原因となります。

身内の相続人の間でトラブルが起こる可能性も大いにあるのです。

解決が難しい場合は、専門業/者に頼むというのもよいでしょう。

相続税には条件や計算など、しっかり理解する必要が大いにあります。

きちんと理解することで、後になって焦ることや、困ることのないようにしましょう。