「終末期医療」をご存知でしょうか。

医療、さらに人生の最期のもの、となるとどうしても人事に感じてしまったり、敬遠しがちではないでしょうか。

確かになかなか考えにくい問題ではありますが、知っていて損はないと思います。

ということで、今回は「終末期医療」についてご説明いたします。

 

終末期医療とは、その病気が治せないとわかったときに、治療よりも心身の苦痛を和らげることを優先するという療法です。

人生の最後と感じたときに、必ずしも痛い思いをし続けてまで、治療をうけるのはどうなのかという考え方からなっています。

主に、延命治療を拒否すること、苦痛を緩和することがその主な内容です。

日本では積極的な安楽死はなされていません。

しかし、もうその延命に対する薬を飲まない、という判断をするのは患者の自由です。

このような選択は非常に重要です。

なかなか考えたくないことではありますが、ご自身が意識不明になったとき、周りの人はあなたがどうしてほしいのか分かりません。

事前に考え、伝えることで、ご自身も、周りの大切な人も安心することができるのではないでしょうか?

重く捉えすぎず、終活の一環として考えてみるのもよいかもしれません。