みなさんは「親家片(おやかた)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この言葉は女性誌にとりあげられて、その後注目されてきている言葉です。

親家片とは、文字通り「親の家の片付け」を意味するのですが、なぜ注目を集めているのでしょうか?

そもそも、親の片付けが必要となるタイミングは人によってさまざまです。

親の家を見て、片付けないといけないと感じ、始めることもあるでしょうし、

親が介護施設に入るとき、亡くなったときなどは、急にその必要性に迫られるでしょう。

では、どのようなことに気をつけて行えばいいのか。

ポイントは次の通りです。

まずは、親と一緒に片付けを行う場合。

もっとも大切なのは、お互いの価値観を尊重することです。

捨てないといけないと焦ってしまいがちですが、「これはごみだから捨てていいよね」といった否定的な発言は避けるようにしましょう。

では、親抜きで片付けを行う場合はどうでしょうか?

このような場合は、相当な重労働になります。

思っている以上にもので溢れ返っている可能性もあります。

しかし、1つ1つのものとしっかり向き合って片付けることで、後悔のない片付けにすることができます。

また、どちらの場合も、無理をしすぎてはいけません。

心に余裕を持って行うことが大切でしょう。