高齢になってくると、ご自身の死後について真剣に考え始める人が増えています。

死後、ご自身のお葬式の形態をどのようにするか、のこした遺産やご遺品をどのように分配するか、生前大事にしていた物を誰に引き取ってもらうか等を、エンディングノートに書き記して、ご遺族に伝えたいと考えるようになります。

エンディングノートには様々な種類がありますが、どのエンディングノートも内容にはかわりないので、値段が安いもので良いとされています。

エンディングノートに記す内容は、ご遺族へのメッセージと身辺整理のための備忘録がメインになりますから、あまり肩ひじを張らずに気軽に書き始めることが出来ます。

書式も特別決まりがありませんから、思いついたことを書き留めておくくらいの気持ちで描き始めると良いでしょう。

エンディングノートを書き始めたら、書き直す必要がある場合もあるので、そんな時は書き直しやすい電子データのエンディングノートがおすすめです。

電子データーはパスワードを設定することができますから、信頼できる人にパスワードを伝えておくことを忘れないようにしましょう。