年をとって高齢になると、ご自身がいなくなった時のことを考えて、遺書をのこす人もいるでしょうが、そうすると寂しい気持ちになってしまうこともありますよね。

その一方で、もう少し自由なスタイルで気軽に書きやすい物もあります。
それが、エンディングノートです。

エンディングノートは、家族への感謝の気持ちや伝えておいた方が良い生活のこと、各種手続きに関することなどを書きこむノートで、色々なことを書いて行くことができる便利なものです。

そして、エンディングノートを書くタイミングは人それぞれです。

ただし、いつ書いても良いと思ってしまうと、いつまで経っても書かずに過ごしてしまうことがありますから、ご自身なりにタイミングを決めておくのも一つの手です。

例えば、ご自身の誕生日の日と言うのがタイミングの一つです。

家族にお祝いをしてもらって、幸せな気分に浸っている時だと、気持ち的に落ち着いて色々なことが書ける場合もあるでしょう。

その他のタイミングとしては、親の命日に書いたり、元旦または師走に書くなど、色々なタイミングが考えられるものです。