生前整理とのこされたご家族が困らないように財産や持ち物を整理することです。

歳をとると片付ける元気がなくなるので早めに整理することで、後ほど困ることがありません。

最近のニュースで、仲がよかった兄弟がのこされた100万円で争うと放映されていました。

仲良い兄弟が争う姿など、到底考えもしなかったでしょう。

ですが、現実におこっている話です。

相続トラブルを防ぐためにも誰に何を譲りたいのか書き止め、整理し、捨ててしまいたい物は、おもいきって片付けてしまいましょう。

価値のあるものは一見、他人にはわかりずらいものです。
そういったものをどうすればいいのか、ご家族に今でなくとも死後にでもわかるようにしておく必要があります。

生前整理とともに遺言書を作成したり、エンディングノートも書いてあげるとのこされたご遺族が本人の意思に沿い、葬儀をあげることができます。

まだ若く元気があっても、まだまだ先の話だと思わず、足腰が丈夫なうちに、いつどのようになるかなど誰にもわかるものではないのですから、思い立ったらすぐ、元気なうちに整理をしておけば安心ですよ。