確定申告を行うときにもし相続が入っていると大変、
という心配をする人もいますが、それに関しては大丈夫です。

確定申告は、給与や賞与や、
その他の収入に対する税金を納める仕組みで、
税を納めるという点では相続も同じですが、
税の性質が違いますし、税率も違うので一緒にはできないからです。

相続に関する法律が改正されていますので、
税がかからない範囲、つまり基本3千万円で、相続人一人につき
6百万円という控除対象範囲を超える遺産があるのであれば、
しっかりと申告しておかないと、非常に問題があります。

世の中の多くの人は、相続などに調査などは来ないと、
たかをくくっている人が多いのではないでしょうか。

実は確定申告についても、
申告書を提出しておけば、後から調査などは来ない、
と思っている人も多いのですが、そうはいかないのです。

もちろん、一定の調査基準があることは確かですが、
アットランダムに調査対象を決めることもあるからです。

したがって、きちんと手続きすることをおすすめします。

税を払っていないと追加徴収の対象になるかもしれません。