ゴミ屋敷

近年、ゴミ屋敷となってしまった家を見る事が増えてきました。
そこで今回は、どうしてゴミ屋敷となってしまうのか、その主な原因を紹介します。
 
まず、整理整頓が苦手な場合があります。
 
これは、ゴミが溜まって不快な空間で過ごすよりも、整理整頓をする方が面倒だと考えている人に起こります。
生活していると様々な不用品が出てくるため、いつの間にかゴミ屋敷となってしまうのです。

また、物が捨てられずに溜まっていく場合があります。
 
これは、物への執着心が非常に強い人に起こります。家具や電化製品にも愛着が出てしまい、使わなくなっても捨てられないような方もいます。
この積み重ねによって結果、ゴミ屋敷が生まれてしまうのです。
 
片付けられない症状が原因の場合もあります。
 
ADHDやADDという症状で、集中力や注意力が散漫になり別のことに意識が移ってしまうため、一人で片付けをするのがそもそも難しいのです。
この場合は、本人の無意識下でゴミ屋敷になる可能性があるため、うまく他人の力を借りる方が良いでしょう。
 
ゴミ屋敷で一人で暮らしていると、異臭などで近隣に迷惑をかけてしまいますし、最悪の場合身体を害してしまい、孤独死を迎えてしまうこともあります。

家がゴミ屋敷であることを恥ずかしいと思う人もいるでしょうが、そのまま放置せず、私たちのような専門業者に依頼したり、家族や知人の手を借りたりして、いったん綺麗なお家を取り戻すことをおススメします。