遺品整理、生前整理

葬儀が終わり、まだ家族を亡くされた悲しみが癒えない遺族の方にとって、
法的な手続きや事務的な手続きなど、
しばらくやらなければいけないことが山積みとなり、しばらく忙しさが続きます。

やらなければならないことの一つに、遺品整理があります。

故人が親しい人であればあるほど、
遺品整理の作業はご遺族にとって重荷になってしまう可能性があります。

残された品々はどれをとっても
品とともに故人を思い出すきっかけになってしまい、
悲しみが募って、処分すべきものとそうでないものを区別することが難しくなってしまいます。

ご家族が自分で行うと、時間ばかりかかってしまい、
思うように作業がはかどらないのが現状です。

不要な品を処分して、
価値あるものを形見として残しておくということが遺品整理の目的です。

そのため、判断力を鈍らせないためにも、
遺品の整理を円滑におこなうためにも、
信頼できる専門業者に依頼して遺品整理を行うことが、
残された家族の心理的そして肉体的な負担を軽くする、賢い選択であるといえます。