インターネットの普及による「デジタル遺品」という言葉を以前にご説明しましたが、亡くなられた後の個人情報のお取り扱いにつきまして、「どうすればいいの?」と困惑される方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで今回の記事では、故人の方の個人情報に関して申し上げていきます。

まずは法律上の観点からですが、亡くなられた方の情報は個人情報保護法の適用外になります。プライバシーの保護としましては対象外ですが、情報の漏洩によってご遺族が何らかの損害を被った場合は、不法行為としての賠償請求が可能になります。

とは言いましても、情報がパソコン、携帯、スマートフォン上で管理される場合が多くなっていますので、亡くなられた方の情報の拡散などでご遺族に不当な被害を受けることは十分にありますので、そういった事態はできる限り避けるよう努めてください。

また、個人の方の情報にはご遺族の方の個人情報も含まれることがございますので、そのようなことが考えられる場合には専門業者の協力が必要になるのではないでしょうか。

このように、情報のお取り扱いは非常に難しく、慎重に行わなければならないケースがございますのでお困りの場合はまずお問い合わせしてみることをお勧めいたします。