ご遺族の方々はお亡くなりになられたご家族のことで、情報の整理、ご遺品の整理など、すべきことは多くございます。

そこで、故人の方がのこした負債に関してお話しいたします。

まず、故人に借金があったのかをどのように調べればいいかということですが、借用書があるかどうかを調べてみるということです。ご遺品の中に借用書が見つかれば、最もスムーズですが、見つからなかった場合、ご家族の方からお調べする方法はございません。ですから、もし負債があった場合は貸主からの督促状が届くかどうかを確認するしかありません。

また、消費者金融からの請求書が届いたという場合は、法律上の様々な問題がございますのでご自身で判断した返答は控えた状態で専門家へのご相談をおすすめいたします。

次に、故人の負債を引き継いでの支払い義務があるのかについて申し上げますと、保証人になっていないようでしたら、支払う必要はございません。支払わなければならない条件としましては、保証人、または連帯保証人になっている、放置代理人になっている、亡くなった方の相続人である、という場合になります。

たとえ支払い義務がない場合でも、取り立ての対象がご自身に向くことがございますので、そういった場合には支払い義務がないことをお伝えしましょう。