永代供養墓とは、お寺や霊園などがそれぞれ決めている年数の間は管理・供養を行なってもらえるお墓のことです。

従来のお墓を建てて遺骨を納骨をする方法は、定期的に親近者がお墓参りを行い清掃や管理する必要があります。

お参りする親近者がいない、あるいは夫婦2人だけで入りたいといった理由で永代供養墓を選ぶ人もいます。

近頃は高齢化によってお墓参りに通いやすい場所に墓地の区画を確保することも難しくなってきています。

やっと、墓地の区画を確保できたと思ったら、肝心のご遺/族がお墓参りをすることが、非常に困難な場所だったということも少なくありません。

毎年貴重なお盆の日程を遠く離れた場所にあるお墓参りに多くの時間を割くのは、ご遺/族の方にとって非常に大きな負担となってしまいます。

ご遺/族がなかなかお墓参りをできない状況なら、永代供養墓で管理は任せて、帰れる際にはお参りするという選択肢もあります。

そうすれば、ご遺/族の方が忙しくても遺骨はいつまでも管理された状態で安置されることになり、安心してお盆休みを過ごすことができます。