近頃は終活が盛んになり、生前に身の回りの物を整理することに関心が高まってきています。

人が亡くなってもPCやパソコンの個人データは残り、これらは「デジタルご遺品」と呼ばれ、これらの整理を行う高齢者の方も増えています。

今ではちょっとした調べ物でもインターネットを利用するような時代となっていて、頻繁に利用しているうちにPCやスマホには膨大な個人データが入っており、見られたくないものもあると思います。

そのような見られたくないデータを放置したまま亡くなってしまうと、のこされたご家族がご遺/品整理のために見てしまうことは充分に考えられます。

ご家族が亡くなったあと、デジタルご遺/品を見て、初めて知る一面もあると言います。

かといって、頻繁に利用しているパソコンやスマートフォンのデータを初期化してしまうのは現実的ではありません。

どのデータをのこすか、生前に整理しておくのも一つの家族への気遣いと言えそうです。

デジタルご遺品を前もって整理しておけば、万が一のときに安心できるだけでなく、パソコンやスマートフォンの作業効率を上げることができます。