日本では、自宅内での事故死や自死、孤独死が増えています。

周囲に気づかれずに亡くなった場合、遺体の発見が遅れることも少なくありません。
遺体の発見が遅れてしまうと、腐敗が進行します。
そして、血液や体液、排泄物などによって部屋が大きなダメージを受けてしまうのです。

このような状態だと、普通のクリーニングでは部屋がきれいにならないことが多く、特殊清掃が必要になります。
特殊清掃とは、ご遺体の発見が遅れ、血液などで汚染された部分を元に戻すことです。

遺体を発見した家族の中には、ご自身たちで清掃しようとする人たちもいます。
しかし、ご遺体の血液に触れると感染症のリスクがあります。
また、飛んでいる小バエなどを吸い込んでしまう恐れもあるので、防護服などが必要になります。

素人が必要な装備を揃えるのは不可能に近く危険ですので、専門業/者に連絡しましょう。

賃貸のアパートやマンションの場合、原状回復の問題が浮上します。

プロの特殊清掃専門業/者であれば、ひどく汚れてしまった部屋でも、きれいにしてくれます。
特殊清掃専門業/者は、できるだけ実績がある専門業/者を選ぶことが大切です。