故人の家の片付けなどで、ゴミとして処分ができないものがいくつかあります。

特にお仏壇・ご位牌・ご遺影などは処分が難しいものです。

罰が当たるという言葉が、思い浮かびます。

簡単に粗大ゴミに、出すにはやはり気になる存在です。

その理由は、これらには魂が宿るとされ、御霊抜きや供養が必要です。

魂が宿るとされるものや、やはり先祖代々のものを簡単には処分できません。

そんなときには、供養・焚き上げを代行してくれる専門業/者があります。

ご自身達個人ではできない、供養をキチンとした後に焚き上げをして魂を浄化してもらえます。

これをしてもらうと、安心して処分を任せることができます。

ただ、どこに依頼をすればいいの困っているなら、専門知識をもった専門業/者に供養してもらうのも一つの手です。

専門知識がある専門業/者なら、数多くの実績もあり手厚い供養をしてもらえます。

お仏壇などは、処分するまでは毎日家族が手を合わせていたものです。
それを不要だからと簡単に捨てることはやはり日本人にはできません。

仏様という、言葉があるように大切なご自身達のご先祖様になりますからね。