ご家族が亡くなると、のこされたご遺族は故人のご遺品を片付ける作業をしなければなりません。
悲しみの中、様々な思いを抱えながらのご遺品整理は想像以上に大変です。
しかし、一緒に住んでいた方ならまだしも、一人暮らしだった方が亡くなると、その家をそのままにすることもできないので早めに整理をすることが必要になります。

ご家族に大きな負担をかけないためにも、生前にご自身の所有物の整理はしておくべきでしょう。
まずは、必要な物を取り除いておく作業です。
まだ使う物、大切な物、後世に伝えたい物などはとっておいて、必要のないものは思い切って処分します。
そして、処分すべきかのこすべきか悩む物は、何を優先するべきか考えてから整理します。

そして一気にすべてを整理するには、労力も気持ちもついていかないはずなので、今後時間をかけて整理していく予定の中で、今後の作業の仕分けもしておくと便利です。

また、高額なものや相続の問題が発生すると予想されるものは、申請期間の短い手続きから対応できるように、ご遺/族にわかるように仕分けしておくことが大切です。