家族や親族が亡くなって、故人が暮らしていた家の片付けをするという時、親族だけで作業をしていると中々作業が進まないということがあります。

特に遠方に暮らしていたという人の家になると、ご遺品整理の時間が中々取れないということもあります。

こうした時はご遺品整理を専門業者にお願いするというのも良い方法ですが、その際にはただ単に物を片付けるというだけでなく、ご遺族が必要とするものをしっかりと保存し、また不要なものを適切に処分する必要があります。

家の片付けをしていると、貴重品や思い出の品、レンタル品、リサイクル品などの整理といった煩雑な作業が大量に発生してきます。

まず作業としては、ご遺品としてご遺族が持っておきたいものをより分けて、その後に不用なものを一つずつ処分していかなくてはなりません。

作業を効率よくするためには、手のひらよりも小さいものは袋詰めし、手のひらよりも大きいものは段ボール箱に入れるなど、分かりやすく分別していくことが大切です。
こうした不用品やごみなどを地域のルールに従って分別する必要もあるので、予めその地域の行政のルールを調べておくということも重要です。