今回紹介する悪質なご遺品整理専門業者とのトラブルは不当な料金請求についてです。

まずは、典型的な悪質専門業者の料金請求の例についてみてみます。
2014年7月、関東地方に住む女性は70代の母のご遺品の整理をご遺品整理専門業者に依頼しました。
見積もりは約30万円でしたが、実際に請求されたのは約120万円。

見積もりの4倍もの不当な請求です。作業後に請求金額を釣り上げる悪徳専門業者の典型的な手法です。

ご遺品整理は一人が頻繁に行うことではなく、相場もわかっていない場合が多いため、鵜呑みにしてしまうケースが少なからずあります。
また、ご遺品整理業務は自治体や国への届出なしに業務を始められるため、経験不足であることが多々ある。
最近一人暮らしのお年寄りが増加していることから、このような被害も増加している。

もしもこのような被害に遭ってしまった場合、すぐに弁護士等に相談するのでなく、まずご遺品整理士認定協会や国民生活センターに相談するのがよいでしょう。

また、こうしたトラブルを未然に防ぐために、見積もりを得る段階で、根拠や内訳や過去のトラブルの有無について聞いておくのがよいでしょう。