前回はデジタルご遺品の、特にオンラインバンキング等の口座についての相続時の問題について取り上げましたが、今回はSNSやブログの記録、ゲームのアカウントについて触れてみたいと思います。

近年インターネットやSNSは身近なものとなり、気軽にゲームをしたり近況を発信したりできるようになりました。
しかし、身近であるがゆえに周りの家族もどのようなことをしているか把握してない場合があり、同時に個人情報と密接にかかわっている場合があるので注意が必要です。

こういったご遺品は、物置にしまっておくようなご遺/品とは異なり、放置しておくと第三者に悪用されてしまう危険性があるからです。

具体的な対処方法としては、SNS等のアカウントやブログでは、ご故人が亡くなったことを報告してアカウントを消してしまうのがよいでしょう。
また、ゲームのアカウントはもしかしたら売ってくれと持ち掛けてくる人がいるかもしれませんが、基本的には詳しくない限り断って、アカウントも消してしまうのがよいでしょう。

こういったデジタルご遺/品の性質上、通常のご遺/品ととるべき対応が異なってきますので注意しましょう。