近年のインターネットの普及により、情報の電子化は急速に進み、パソコンやスマートフォンを持つことが一般的になってきました。
情報を気軽に手に入れ、保存しておけることはとても便利ですが、その一方で個人情報を含むそういった情報の管理も大きな社会問題となっています。

もしもパソコンやスマートフォンの持ち主が亡くなってしまった場合に、パソコンやスマートフォンにデータがのこされていたら、それはデジタルご遺品と呼ばれます。

では、デジタルご遺品にはどのようなものがあるのでしょうか。

デジタルご遺品はご故人のパソコンやスマートフォンにのこされたご遺品全般を指すため、多岐に及びます。
例えばパソコン内にのこされた写真やイラストなど。
ご遺族にとってはご故人をしのぶ大切なご遺/品です。

またSNSやブログの内容、さらにはオンラインゲームのアカウントもこれに当たります。
オンラインバンキング等の口座や資産運用の情報もその1つだと言えるでしょう。

ご自身や家族がどんな情報をパソコンやスマートフォンに入れているか、一度話し合ってみるとよいでしょう。