前回は仏壇がご遺品としてのこされた場合について考えてみましたが、今回は同じく処分の方法に困るであろう神棚についてです。

神棚には神様をおまつりしているため、うかつに捨てることもできません。
それでは神棚の処分方法についてみてみましょう。

うかつに捨てることはできないと申しましたが、御神札さえ供養すれば神棚自体は捨ててしまっても構わないと考える方も少なからずいらっしゃるでしょう。
そういった場合、可燃ごみや粗大ごみとして処分することもできます。
ただし、縁起物ではあるのでお塩をふりお清めする等の行為はしておくべきでしょう。

そのうえで、やはり一番初めに思いつくのは神社に供養してもらうということです。
御神札を神社でお焚き上げしていただき、神棚の処分を依頼することができます。

しかし、最近では環境問題等の影響でお焚き上げを行っていない神社もありますので、そういったときはご遺品整理専門業者等に依頼し、処分してもらいましょう。
供養なども合わせて行ってもらえます。

神棚も信仰に関わるため処分しにくいものですが、ご自身の宗派や考え方に合わせて適切に判断しましょう。