埋葬には色々な種類がありますが、一般的な火葬とは違う方法に土葬と呼ばれる方法があります。

土葬とは、そのまま地面に埋葬する方法であり、東京都や奈良県の一部などでは、土葬が今も続いていると言われていますが、現在ではほとんどの地域で火葬が行われています。
日本でも昔は土葬を行っていましたが、衛生的な理由や場所の問題などから、火葬が一般化しました。

もし土葬を行うのであれば注意点として、火葬の場合と同じように、プラスチック類や科学製品などをお棺の中に入れてはいけないということです。
また、現在では土葬を行うこと自体が難しく、場所を探すことも困難です。
都市部では土地の不足や、衛生面での問題も挙がっており、地域によっては条例で禁止されているところもあります。

このような背景もあって、現代の日本において土葬を行うことは、場所的にも衛生的にも困難となっています。どうしても土葬が行いたいのであれば、都道府県の知事の許可を受けた場所で行うことが必要です。なぜなら、墓地として使用されている場所以外で基本的に埋葬することはできないからです。