遺品整理情報ブログ

遺品整理をするときに、本当に大切な人が使っていたものだとなんでも手元にのこしたくなる人もたくさんいらっしゃると思います。

これは全くおかしな感情ではなく、誰でもこのように考えてしまうものです。

しかし、故人が本当に大切にしていたものを考えてみてください。

故人からしてみれば、物より家族や大切に思ってくれているあなたのことが大事だったはずです。

すべてのものをのこしておくときりがありませんから、本当に思い出としてのこしておくべきアルバムなど以外は「ありがとう」とお礼をしっかり言って、断捨離していきましょう。

ご遺品を断捨離してしまうというのは、故人のことを蔑ろにするのではなくいつまでもなくなったことを引きずらないために必要なことなのです。

いつまでもご遺品をのこしておくことができる余裕がある人であれば、無理に処分をすることもないかもしれませんが、多くの人の場合にはそれだけの余裕はありませんから、気持ちがある程度落ち着いてきた時には、思い切って断捨離をしてしまうようにしましょう。

そうすることで、必ず前向きに進むことができるようになります。

遺品の断捨離は故人に感謝できる、最後の仕事でもあるのです。