特殊清掃

一般的な生活を送っている人が、特殊清掃員という言葉を耳にする機会はあまりないでしょう。

特殊清掃員は事件、事故、自死、殺人などで変死や孤独死が生じた場合に、遺体の腐敗や腐乱によりダメージを受けた室内の原状回復や原状復旧業務を行う専門業者です。

例えば一人暮らしで身寄りのない人や、親せきや友人との接触を断って生活していた人などが亡くなってしまい、
そのことに誰も気づかないまま時間が過ぎてしまったら、その人が亡くなった部屋は悪臭や汚れ、害虫の発生などによって大変なものになってしまうでしょう。

そういった状態の部屋に対処するために、特殊清掃員は専門的な知識や技術を身に付けており、それらを駆使して難しい問題を解決してくれるのです。

特に死臭などは一般の方では除去することが難しいですが、特殊清掃業者に任せるとしっかりと消臭してくれます。

また遺体の問題とは別に、のこされたご遺品の整理などもまとめて行ってくれます。

この遺品整理もまた、変死や孤独死が生じた部屋を管理する人などにとっては対応に困ってしまうものなので、それを含めて問題を解決してくれる特殊清掃員の果たす役割は大きいと言えるでしょう。

ただなんとなく業務をおこなっている業者もいますので、業者の選定には注意が必要です。