遺品整理情報ブログ

社会環境の変化から、老後を一人で過ごす人が増えました。

近所付き合いもなかったため、気づけば部屋で亡くなってからかなり時間がたっているということが少なくありません。

時間がたってしまうと、遺体から臭いを発したり、虫が大量に発生している場合もありますから、孤独死の処理を一般の方の手で行うことはおすすめできません。

室内に腐敗臭が広がって、大気中にも菌やウイルスが大量発生していることもあるので感染症にかかる可能性があるからです。

片付けをするときは防護服などを着用する必要があります。

素手やむきだしの肌のままで掃除をすることはやめましょう。

そして孤独死の現場は、体液や血液がこぼれていたり虫などが大量発生しているときは、精神的にもまいってしまうことがあります。

防護服を着ながらの掃除は慣れていないため作業には時間も気力も必要とされます。

また、市販の洗剤などを利用しても、死臭はを取り除くことができない可能性が高いでしょう。

専門業者が専用の薬剤を使うことで、汚れやにおいを取り除くことができるので、一刻も早く専門業者に依頼することをおすすめします。