遺品整理情報ブログ

高齢者の増加に伴い、一人暮らしの高齢者も年々増えています。

そのことから、孤独死の割合も比例して増加しています。

普段は、関係ないと考えていても突然ご自身にも降りかかる場合もあるかもしれません。

普段は行き来がない親戚などがいるときには、あり得る話ですよね。

近所の方などから連絡があって発見した場合は、警察に連絡することが必要です。

孤独死でなくても、自宅などで死亡したときには警察の検分を受けたあとでないと葬儀ができません。

事件性がないと、認めてもらう必要があるからです。

そして、葬式を手配し、お葬式をおこなうことになります。

大変なのは、このあとの故人のご遺品を片付けることでしょう。

孤独死があった部屋の清掃を依頼する、通常のハウスクリーニングではできない可能性もあるので注意が必要になります。

その孤独死の状態によりますが、遺体の損傷が激しい場合には、通常のハウスクリーニングではできないことがあります。

その場合には、特殊なクリーニング(特殊清掃)をしてもらいましょう。

今はその専門の専門業者に依頼することで、この問題は解決することができます。