遺品整理情報ブログ

お葬式は誰もが経験するセレモニーの一つであり、それはいつどこで行われるか予想がつかないものとなります。

そのため、事前に必要なことを知っておきたいですよね。

お葬式には必ずお香典を用意することは誰もが知っている事ですが、お香典袋を持ち運ぶ際は紫、緑、藍、グレーの色などのふくさにいれるのがマナーです。

裸で持ち歩いたり、祝儀用の派手な色のふくさを用意しないようにしてください。
こうしたふくさが無い場合は、白の無地か黒のフォーマルなハンカチで包むとよいでしょう。

次に衣装ですが、黒を基調とした衣装であることが鉄則といえますが、女性の場合は和服と洋服の選択肢があります。

従来では通夜に洋装、葬儀と告別式に和装となっていましたが、現在では洋服で通すことも多いといえます。

洋服の場合は黒で布製の手袋を着用しますが、焼香をする時は必ず外すべきです。
もともと手袋は海外の風習で、焼香という文化を意識したものではありませんので外してしまっても問題ありません。

外す場合はネイルなどは非常に目立ってしまうため、とって置くことがマナーといえます。