遺品整理情報ブログ

急なお葬式に呼ばれてお香典を用意して渡した、という話はよくある話ですが、お香典の本当のマナーを知っている方は非常に少ないです。

お香典は、急なご不孝による出費に対する助け合いの意味や線香や花の代わりに死者の霊前に供えるものとされており、基本的な部分は死者に対しての悲しみの気持ちを伝えたものといわれています。

香典を入れる袋や書き方が宗教によって異なる場合、相手方の宗教に合わせるべきというのが一般常識と知られています。

仏教ですとお香典と書いてあれば問題ありませんが、キリスト教系のお葬式に参列する場合はお花料やお花代と書かれてあるお香典袋を使用するようにしましょう。

また、お香典の返しは忌明けのころに贈られることが多いため、お葬儀が終わってすぐにもらえると勘違いしている方が多いので、注意した方が良いでしょう。

お香典のマナーも宗教やしきたりにより大幅に異なりますので、お焼香の仕方やお香典の金額など、わからないことがあれば、葬儀会社の方や、亡くなられたご遺族の近所に住んでいる知人などに尋ねて情報を仕入れてからお参りした方が無難ですね。