いつかは誰もにおとずれる死の瞬間。

分からないことには不安を覚えるものですよね。

その中でも、「孤独死」「孤立死」という言葉をニュースや新聞で聞くと、心がなんだか苦しく感じることはあるのではないでしょうか?

では、「孤独死」「孤立死」の違いを考えたことがある方はどれくらいいるでしょう。

もしかしたら、そういわれてみれば2つの言い方があったなと気づいた方もいるかもしれません。

今回は、知っているようで知らない、「孤独死」「孤立死」の違いをご紹介いたします。

まずは「孤独死」

きっとみなさんのイメージしていた意味は、こちらに当てはまるのではないでしょうか。

1人で亡くなるということを意味します。

しかし、ポイントは、その後にすぐ発見されるということです。

一方で「孤立死」はどうでしょうか。

孤立死も、1人で亡くなるという意味には変わりありません。

しかし、孤立死は亡くなってからしばらくの間放置されるという点に違いがあります。

この違いを理解すると、終活をする上で考えるべきは、「孤立死」を防ぐ方法です。

長時間放置されてしまうと、やはりその分のこされた人の負担が大きくなってしまうからです。

のこされた人たちのことを考えることも、終活の意味なのではないでしょうか。