みなさんは「生前贈与」ということばを聞いたことはありますか?

生前贈与の意味は、生前に、血縁者へ相続させるというものです。

基本的には死後、ご自身がいなくなってから財産は相続されるとされています。

このようなイメージを持つ方も多いことでしょう。

しかし、時にこの死後の相続はトラブルを招きます。

本人がいなくなると、なかなかうまく話はまとまりません。

たとえ遺言書やエンディングノートを書いていても、それを不服とするケースもあるのです。

こう考えると、やはり「生前贈与」は効果的ではないでしょうか?

生前贈与は、本人がいるため、確実に財産を分配できますよね。

ただ、この生前贈与には注意点があります。

それは、贈与税がかかるということです。

この贈与税は、相続税より高価なため、意味のない生前贈与はあまりおすすめできないのです。

しかし、土地などの財産がある場合、配偶者や子供などに生前贈与を行ったほうが、税率が安くなるというケースもあります。

一度しっかりその仕組みについて考えてみると、思いがけない得につながるかもしれません。

生前贈与の仕組みについて理解し、うまく選択することで、負担を軽くしましょう!