ご自身の近しい関係の人が亡くなると、ご遺品整理を行うことになります。

ご遺品整理ででてきた遺産は、相続することが多いでしょう。

その相続に対する1つの選択肢に「相続放棄」があります。

相続放棄とは、文字どおり財産を相続する権利を放棄することです。

では、この相続放棄という選択をする、メリット・デメリットは何なのでしょうか。

メリットとしては、「負の遺産を受け継がずにすむ」ということがあげられます。

いきなり多額の借金があることを告げられ、さらにそれを相続しろというのは酷な話ですよね。

相続放棄は、そのような事態から逃れることができます。

ただ、注意したいのは「故人が亡くなってから3ヶ月後」に手続きをしなければならないことです。

一方でデメリットは何でしょうか。

相続放棄をすると、すべての財産を放棄することになるということです。

借金だけを相続放棄、というわけには残念ながらいきません。

また、一度その決断をすれば取り消せないこともデメリットといえるでしょう。

十分な注意が必要です。

相続放棄におけるメリット・デメリットをしっかりと理解して、慎重な判断を行うようにこころがけましょう。