親などがのこしてくれた遺産を、相続したいとほとんどの方が思うことでしょう。

でも、そんな中で親の借金が発覚したらどうでしょうか?

相続したらその借金も一緒に引き継いでしまう、どうしたらいいのかと考えてしまうことでしょう。

やはり相続放棄かな、と思ってはいませんでしょうか?

しかし、そんなときに活躍するのが「限定承認」です。

限定承認とは、プラスの財産からマイナスの財産を引き継ぐというものです。

財産や借金の明確な金額が分からないときこそ、限定承認がもっとも安心できるでしょう。

例えばマイナスの財産のほうがプラスの財産より多い場合。

普通に考えると損をしてしまうように思います。

しかし、この限定承認では、プラスを上回るマイナス分を払う必要はありません。安心ですよね。

一方で、プラスの財産がマイナスの財産より多い場合はどうでしょうか。

この場合でも損はしません。

なぜなら、この場合はきちんとプラスの分を得ることができるからです。

このように、その金額を把握していない場合は特に限定承認がよいといえます。

しかし、相続開始から3か月以内に申告しなければいけませんので、注意しましょう。