お葬式のイメージは人それぞれでしょう。

たくさんの人数で大規模に行うものであったり、少ない人数で行うものであったり、いろいろな形があります。

最近では、家族や故人と親しい人のみで行うものが増えているようです。

このように、その形態がさまざまであると、親戚や友人ばどどこまでの範囲で呼べばいいのかが、悩みの種になってきます。

それを防ぐためにも、事前にどの範囲の人を、どのような範囲で決めておくのがよいといえます。

そこで今回は、「どうやって訃報を知らせるか」というその方法について考えていきましょう。

方法としては、電話やメール、新聞が考えられます。

基本的に人数が少ない場合は電話やメールが多いでしょう。

また、新聞では、死亡広告欄といって、掲載してもらうことができます。

お悔やみ欄のほうが聞きなじみがあるかもしれませんが、こちらは新聞社が独自判断で掲載するものなので混同しないようにしましょう。

このように方法としてはいろいろ考えられますが、「こう伝えるのがよい」といった正解はありません。

その場に適したものを選びましょう。

また、呼ぶ人の範囲は、なかなか決めるのが難しいものです。

事前にリストを作成しておくとスムーズに行うことができるでしょう。