一年以内に近親者に不幸があった場合、年賀状ではなく、喪中はがきを書く必要がありますよね。

急にその必要に迫られるとどうしたらいいのか、困惑する方も多いでしょう。

そこで、地域や風習、宗教によって多少の差はありますが、今回は一般的な喪中はがきの書きかたについてご紹介いたします。

まず、送るタイミングはいつなのか。

年賀状を辞退するために送るものなので、やはり年賀状を書き始める前の、11月~12月初旬が適しているといえるでしょう。

当たり前と思われてしまうかもしれませんが、喪中はがきには年賀状ではなく、一般的な官製はがき等を用いることに注意しましょう。

送る範囲においては、身内に改めて送る必要がないのはもちろん、それ以外の人たちの基準としては、年賀状を送るか送らないかで判断するのががよいでしょう。

文面としては、だいたいのテンプレートがあるので、それにあてはめて書くだけで問題ないでしょう。

注意したいのは故人の年齢です。

決まりはありませんが、一般的には「数え年」が用いられているようです。

喪中はがきは、故人への感謝、悲しみから送るものだといわれています。

決まりきったルールはありませんが、故人を思って書くようにしましょう。