家族葬をご存知でしょうか?

家族葬とは簡単にいうと、身内だけで行われる葬儀のことをいいます。
特に決まった定義等はなく、解釈は人それぞれです。

例えば、家族のみで行うケース、家族と親戚の数十人で行うケース、そしてそこに親しい友人や知人を加えて行うようなケースとパターンはまちまちです。

家族葬の全体的な流れとしては、一般的な葬儀とほぼ同じです。

参列者が少なくなる分、規模も小さくなるため、精神面や肉体面で疲労がピークに達しているご遺族の方には負担を軽減できるという部分で家族葬にする方もいらっしゃいます。
また、少人数ですと、故人と向き合う時間も通常の葬儀よりも多く取ることができます。

家族葬を選択する人が増えた背景としては時代的なものが存在します。
少子高齢化の進行、核家族化によって負担が増えている家計が増加してきているので、どうしても費用を抑えたいという方が増えてきています。

経済的な面で家族葬を選択する方が増えているのですね。

ただ、家族葬儀にしたからといって、必ず安くなるというわけではなさそうです。
火葬のみの小さな火葬式と呼ばれるものも販売されているようですが、
結局、最後は故人に対する気持ちではないでしょうか。

何かと注目が集まる家族葬ですが、どんな方法が一番故人を送り出す手段として適しているかをご遺族でよく相談しましょう。