遺骨ペンダントをご存知でしょうか?

遺骨ペンダントとは手元供養の一種です。
故人のご遺骨やお遺灰等を中身が空洞のペンダントに納めて身につけます。

遺骨ペンダントのような手元供養が広まった理由としては様々なものが挙げられます。

例えば、故人の存在を常に身近に供養しておきたいや、お墓参りが遠方のため困難であるであったり、現状の経済面ではお墓を建てる費用が無いといったものがあります。

現代ではお墓に対する考え方も多様化しているので、
お墓に変わる物として手元供養が注目を集めているのですね。

そんな中でもなぜ遺骨ペンダントが人気であるのでしょうか?

遺骨ペンダントが手元供養で選ばれるには明確な理由があります。
それは普段の生活の中でアクセサリーとして、ご自身だけが身近に身につけることができるため、故人とじっくり向き合うことができる点です。

手元供養の種類としてはミニ骨壺等の自宅に置いておくタイプのものもありますが、現在では、常に身に付けて持ち運べることに価値を感じる方が多いようです。

さらに、遺骨ペンダントはグリーフケアの面から見ても注目を集めています。

今後も活躍が期待できそうですね。