葬儀や告別式、法事等では、黒のフォーマル服を着用のが一般的です。
女性はワンピースやスカート、パンツにジャケットのアンサンブルやスーツの出で立ちで参列する方がほとんどでしょう。

では、喪服バッグについて、正式なマナーをご存知でしょうか。

弔辞の際は布製のバッグがマナーです。
革や毛皮製品などは殺生を連想させるためタブーとされているためです。

できれば目立たなく、地味でシンプルなものが良いとされていますので、光沢のあるラメ生地やエナメル生地も避けるようにしてください。

黒い生地であっても、全体に凝った柄が入っていたり、華美な織りや地模様が入っている場合も、悲しみの席に相応しくありませんので、注意してください。

バッグの留め金や、持ち手やストラップ部分、飾りの金具なども喜びの席のものであるとされているため避けるようにした方がいいでしょう。

留め金部分が黒い布地でくるんであるバッグ、開閉する部分で覆われて、外側から見えなくなっているバッグを選ぶといいですよ。

フォーマルバッグの中には、慶弔両用で使用できるように、金具や飾り部分を付け替えることができるものもあります。