昔は、ご遺族や親族などの喪家側は、正式礼装を着用するのが基本でした。

今は、女性は、お通夜に洋装の正式礼装を着て、葬儀と告別式で和装の正式礼装に着替えるのが一般的と言われています。

しかし、葬儀と告別式にも洋装を着ていく人が多くなっています。

なので現実的には黒無地のワンピースやツーピースでも問題はないとされています。

ただし、光沢のある生地のあるものは最低限のマナーとして避けておきましょう。

季節によって夏の場合だと、暑いからといって、半そでや七分袖の礼装で告別式に参列される方もみかけますが、夏でも長袖にし、肌の露出も極力避けるべきです。

また、ストッキングの色には気をつけましょう。
黒のストッキングが理想で、タイツ等カジュアルなものは避けましょう。

喪服は、女性の場合は何が相応しいか迷うこともあります。
正式なマナーは、正喪服はアフタヌーンドレスとされていますが、現実的には黒無地のワンピースやツーピースでも問題はないとされています。

ただし、喪服を購入する際には、夏でも長袖にし、肌の露出も極力避けることに注意が必要です。
スカートは長めに、襟ぐりは詰まっているものを選びましょう。