礼服と喪服の違いをご存知でしょうか。

礼服は冠婚葬祭その他の儀式の時に敬意を表したり威儀を正すために着るもので、別名をフォーマルウェアとも言います。

礼服は冠婚葬祭その他の儀式の時にいつでも着用することができる装いで、ひとつあれば困ることはありません。

ブラックフォーマルともいい、黒いスーツが一般的です。

一方、喪服は、礼服の中でも葬儀や法事の時に着用するものです。

その他のお祝いごとの席で着用することはありません。

喪服の色は、黒や薄墨色が一般的です。

女性でも男性でも、礼服を一着持っていれば、その装いによって冠婚葬祭すべての場所で着用することができるので便利です。

女性の場合は、スーツではなく、ワンピースを選ぶとより良いですよ。

近親者の葬儀の場所では、フォーマルウェアでもスーツでは正式なものとは言えません。

礼服として一着持っておくのなら、スーツタイプではなく、ワンピースタイプを選ぶとオールマイティーに着用することができ、大変便利です。

礼服と喪服の違いを分かっていただけたでしょうか。

TPOに合った装いを心がけましょう。